ブログ

トップ

>

ブログ

お知らせ

JLPT(日本語能力試験)の表彰式を行いました! 今季はN2合格者が2名で好調スタート。

2024.03.29

2023年12月に行われた日本語能力試験(JLPT)。この試験で私たちフューチャーストリングスが支援する特定技能生が「N2」に見事、2名合格!

日本語能力試験(JLPT)は、国際交流基金と財団法人日本国際教育支援協会が運営する試験で、外国人労働者の日本語レベルを知るための方法の1つとして公に採用されている指標の代表的なものとして知られています。評価レベルは5段階。N5、N4、N3、N2、N1と数字が低くなるにつれ難易度は高度に。今回合格した2名はその難関グレードの「N2」。これは、日常で使われる日本語が理解でき、それ以外で使われる日本語もある程度理解できる」ほどのレベル。(実際、彼ら二人と話しているときは外国人と話しているという感覚がなくなるほど日本語でのコミュニケーションはスムーズです。)

このほど、私たちフューチャーストリングスでは彼らの日頃の努力と栄誉をたたえ、ささやかですが表彰させていただくとともに、彼らのモチベーションアップのためのプレゼントを用意いたしました。

 

フューチャーストリングスでは、今後も日本語を頑張る特定技能生の学習支援を強化するとともに、支援内容の拡充を図ってまいります。

現在はJLPT試験当日の試験会場の送迎引率や、オンラインによる教育システムを導入。今後は日本語教師が直で指導を行うなどリアルな教育も視野に入れ丁寧で細やかな学習環境も構築していこうと計画しております。

 

(写真はN2合格者と賞状)※

※賞状は弊社作成のものです。

日本語能力試験の正式な証書ではありません。作成には許可を得ております。

PDFを開く

お知らせ

「骨付き鳥」を愛す香川県の皆さま。 今年のGWは、フィリピンで「レチョン」の旅は如何でしょう?

2024.02.29

2月ももう終わりますね。そして、季節はめぐりいよいよ春!

道々には菜の花が咲き、気候も穏やかになり、早咲きの河津桜が目に華やかさを演出してくれる今日この頃。そろそろGWにどこに行こうかな、なんて楽しい計画をたててみるのはいかがでしょうか。

 

なんて、唐突に話を進めたのにも理由がありまして、つい先日、

楽しい発見をしたので皆さんにお裾分けしたくなりました。

 

それは、先日、香川県の名物「骨付き鳥」をみんなで食べに行った時のこと。

フィリピン人スタッフの一人がガブリと一口頬張ったところ

「うまい」と同時に「フィリピンにもこの料理がある!」と驚いておりました。

 

この骨付き鳥。香川県ではうどんに次ぐ超人気料理で、

クリスマスチキンといえば骨付き鳥というほどのポピュラーなお料理。

鶏もも肉を丸ごと焼き上げることで鶏肉のうまみを封じ込め、噛むほどに鶏のうまみを味わえる逸品でスタッフ一同が愛しやまないお料理です。

 

その珠玉の銘品がなんと私たちの大好きなフィリピンにもあるなんて!

そんな「大発見」を耳にしてしまったら、その場にいた全員が気になって骨付き鳥そっちのけで「検索」の鬼と化してしまいました!

そしてグーグル先生が出してくれた答えがコチラ

 

「レチョン」!!!

 

このお料理、フィリピンで最も有名と言っても過言ではないほどだそう。

正式名称は、「レチョンバボイ」と言うそうでフィリピン語で「豚の丸焼き」を意味するそう。豚一頭を時間をかけじっくり焼くため肉のうまみが閉じ込められ、中はジューシー、外側はカリカリとまさにフィリピン版「骨付き鳥」の食感、お味!

しかもこのレチョン、クリスマスはもちろん、結婚式や誕生日などのお祝いの日に食べるスペシャルなお料理だそうで、家族の特別な時間には欠かせないご馳走なんだそうです!

 

今年のGWは、骨付き鳥をスーパードライで味わうのも素敵ですが、思い切って南国の太陽の下、珠玉のレチョンをサンミゲル(フィリピンの有名ビール)で流し込むなんてどうでしょう!!

 

 

今月もフューチャーブログに足を運んでいただきありがとうございます!

 

 

(写真はフィリピン人特定技能生がつくってくれたレチョン)

PDFを開く

お知らせ

2024年2月、大分の造船を支える新ルーキーたち、来日!

2024.02.07

大分県内の企業様受入で弊社が生活支援をさせていただくフィリピン人特定技能人材(溶接職)8名が無事入国いたしました!このうちほとんどは技能実習時代に造船の仕事に携わっていたプロフェッショナルたち。 自信満々、やる気満々、意気揚々とした様子での来日となりました!

フィリピン人材をはじめ優秀な外国人材を紹介している私たち、「フューチャーストリングス」。親日国フィリピンのプロフェッショナルたちを採用したいな、と思ったらぜひお声掛けください!

(写真は福岡空港に降り立った笑顔いっぱいのフィリピン人人材)

PDFを開く

ブログ

新年あけましておめでとうございます。 今年、〝初〟焼肉で全力発進!!

2024.01.31

旧年中は格別のご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、とても遅い新年のご挨拶となってしまいましたが、

私たちフューチャーストリングスも今年の1月で早3年、いよいよ4年目を迎えます。

昨年はスタッフも増え、より多彩な顔触れで特定技能就労者のサポートサービスを皆さまにお届けすることができました。

本年もより質の高い外国人生活支援でサービスの拡充を図るとともに、より良い外国人材の紹介にも尽力してまいります。

今年も更なるサービス向上に努めてまいりますのでより一層のご支援、

お引き立てを賜りますようよろしくお願い申し上げます。

また、フューチャーブログでは昨年に引き続き当社の支援活動の状況や外国人を受け入れられている企業の担当者様に向け有益となる情報を発信してまいります。

 

(写真は新年早々焼肉屋でテンションがMAXになっているフューチャースタッフたち)

PDFを開く

ブログ

恒例のクリスマスパーティ! 今年も、ありがとうございました。

2023.12.24

2023年もいよいよ年末、クリスマスシーズン。

イルミネーションがキラキラ輝く街並みに心も浮き立ちますよね。

そして、私たちフューチャーストリングスも‘’恒例‘’のクリスマスパーティを実施!

思い返せば、おととしは新型コロナウィルスを気にしながらの和気あいあいとした居酒屋でのパーティでした。

そして去年は、サンタとトナカイの衣装を着てプレゼントを配ったり、豪華に一室を借り切ってパーティをしたり、手作り料理をつくり盛大にパーティをしたりするなど、全スタッフが一丸となりクリスマスイベントに熱中しました!

 

となると・・・、今年は去年を超えなければいけない!?
重いプレッシャーのもと?楽しいイベントを開催させていただきました!

 
大きなイベントとしては丸亀エリアでレストランを丸々貸切にしての盛大パーティを実施。ゲームあり、プレゼントあり、多彩なフィリピン料理ありで、皆さんに大満足していただけました。また、受入れ企業の方もいらしてくださり、たくさんの交流を図ることができ有意義な時間を過ごすことができました!

また、高松エリアも去年以上に大きな会場を借りてのパーティ。社員総出で飾り付けなど演出しフィリピンの方たちに楽しんでもらうべく奮闘いたしました!

大分エリアは新事務所(臼杵市)に皆さんを招いて手作りパーティ。大分を楽しもう!のコンセプトのもと釣り竿などジモトがもっと楽しくなるプレゼントをご用意し皆さんをおもてなしいたしました。

今年も色々なことがありましたが、社員一同最後は笑顔で締めくくったフューチャーストリングス。
来年もお引き立てのほど何卒よろしくお願い申し上げます。

 
今月もフューチャーブログに足を運んでいただきありがとうございます。

来年もよろしくお願いいたします。

(写真は、丸亀エリアのレストランパーティ)

PDFを開く

ブログ

今月のブログは「さつまいも」からフィリピンを考察してみたよ!

2023.11.30

「秋深き 隣は何をする人ぞ」。

人の気配を想い、人恋しさを表現した松尾芭蕉の句の通り、

寒い季節を前にすると人はぬくもりを感じたいなと思うものなんですね。

落ち葉を集めて仲の良い人たちと焚火を囲い

焼き芋でも食べたいなーと思う今日この頃ですが、

今回のブログは、今までよりもアカデミックな方向に趣向をチェンジ!

「さつま芋」からフィリピンと日本の共通点を考察してみようと思います!(笑)

 

でも、なんで「さつま芋」から話を進めるのかというと

先日、日頃お世話になっているお客様から、

畑でたくさん「イモ」が採れたとのことでお裾分けいただきまして、

その際、フィリピンの皆さんにも「日本の味覚」を堪能してもらいたいと配ったところ

思いのほかの大好評!

そしてその好評の声に耳を傾けてみると

皆さんの口からの言葉のほとんどが「おいしい」という言葉以上に

 

「懐かしい」・・・、という言葉。

 

「おばあちゃんが大好きで子どもの頃によく食べました」だの、

「お母さんがよくデザートをつくってくれたんだ!」とか

「芋よりもツルが好き。このツルに砂糖をまぶして食べると子どもの頃を思い出すなー」

などなど。

 

いかに「さつま芋」が日々の食卓の主役を担っていたのか、

そして、その主役を囲んで家族が楽しい団らんのひと時を味わっていたのか

すごく分かりますよね。

 

それもそのはず、「さつま芋」を日本原産と思いこんでいた

バカな私ですが少し調べてみたところ、

(1)「さつま芋」の原産地は、南アメリカのメキシコ南部。

(2)スペインの植民地であったメキシコから、同じスペインの植民地であるフィリピンに伝わった。

(3)日本には、フィリピンから沖縄を経て本土に広がった。

 

とのことで、日本よりもフィリピンの方が「さつま芋」歴が長いことが分かりました。

 

日本と同じで火山が多いフィリピン。「さつま芋」は生産の際に日光が良くあたり、通気性がよい痩せた土地が最適とのことで、日本と同様に、

否それ以上に「さつま芋」がメジャー野菜に君臨するのも頷けます!

 

歴史の観点から見ても土地の相違性から見ても「さつま芋」と親和性の高い両国。

「焚火」を囲んで、家族の食卓を囲んでと人と人の輪の中心に「さつま芋」がある両国。

 

意外なところでしたが、とっても似てますね!

 

ちなみにフィリピンのサツマイモで有名なのは、外見がサツマイモそっくりで果肉が紫色の「ウベ」。鮮やかな色合いはジャムなどに使われるほか、アイスクリームの着色にも使用されています!

フィリピンのお菓子で有名なものといえば「ハロハロ」ですが

そこにも「ウベ」が使われています。

そしてさらに興味深いのがフィリピンではサツマイモの「ツル」部分も立派な食材。

先端の柔らかい部分を摘んで油でいためたり、ゆでたりして食べるそうですよ。

弊社のフィリピン人スタッフさんに聞いたところ、子どもの頃に

よくおやつに出されたそう・・・。

 

今月もフューチャーブログに足を運んでいただきありがとうございます。

 

 

(写真はお裾分けいただいたお芋たち。ありがとうございました!)

PDFを開く